スポンサードリンク

アガリクスとキノコキトサン

アガリクスは、キノコキトサンを含んでいます。キトサンはカニやエビの殻から取れる「キトサン」と、キノコからとれる「キノコキトサン」があります。



キトサン(chitosan)とはキチン(chitin)とともに、アガリクスや、シイタケ、エノキタケ、マイタケ、シメジなど、きのこの細胞壁、カニやエビの殻、昆虫の表皮、イカなどの骨格、に含まれる多糖類の一種で、食物繊維です。



キトサン は、工業的には主として、カニやエビなどの甲殻類の外骨格から得られるキチンを、濃アルカリ中での煮沸処理等により脱アセチル化して得ています。キトサンの中にはキチンが16%ほど含まれていることから、実際はキチン・キトサンとして扱われます。



キトサンには様々な効果があり、「便秘を解消する」、「有害成分を排泄する」といわれていて、解毒・排毒、免疫力向上、細胞の活性化、抗菌抗カビ、整腸、ガン細胞抑制、血管細胞活性化、高血圧防止など、様々な健康面への恩恵をうけることができると言われています。



さらにキノコキトサンの場合にはβ-グルカンが含まれていることから、別名を「キトグルカン」ともいいます。血糖値を下げる効果や血中コレステロールと中性脂肪値を低下させる効果をも期待されています。



キノコキトサンは、水に溶けない不溶性で、胃酸にも溶けずに、腸内に到達し、膨張して腸内をコーティングし、腸壁から油分が吸収されるのを阻み、食事で摂った油分を包み込んで排出する性質を持っているといわれています。



アガリクスの様々な健康効果は、β-グルカンだけでなく、それを含んでいるキノコキトサンとしての働きによると考えられています。

アガリクス 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。