スポンサードリンク

アガリクスと発がん性

アガリクスには、過去に、発がん性や肝機能障害などを起こしたといった報告がありましたが、その原因のひとつに残留農薬や重金属などの有害物質が考えられています。



問題となったアガリクスは、中国産であり、土壌汚染の影響が懸念されていました。アガリクスは地中の栄養素をたっぷりと吸収する半面、残留農薬などによって土壌が汚染されていると、有害物質も吸収してしまう危険性があります。



中国での土壌汚染問題は深刻で、2008年12月及び2009年2月、国際環境NGOのグリーンピースの報告では、北京、上海及び広州の複数大型スーパーで購入した食品から、50種類の残留農薬を検出し、さらに、9品目から世界保健機構(WHO)が定めた毒性の強い農薬や発がん性成分を検出したという報告がなされています。



今となっては、原因を検証することは不可能なようですが、特定の中国製のアガリクス製品にのみ発がん性や肝機能障害がみられていることから、アガリクスの発がん性や肝機能障害の原因は、生産地の中国の土壌汚染が原因であると考えるのが無理がないようです。



アガリクス製品を購入する際には、生産管理体制が信頼の置ける安全性の高いものを購入したいところです。

アガリクス 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。